So-net無料ブログ作成

It's so cool !! [◎styling◎]

週末から今日にかけて爽やかな五月晴れ。
少し寒いくらいですが、
薄着が心地よく感じられる季節となってきました。

夏に向けた装いの準備は整いましたか?

今シーズン、
私は、GW中に通勤用のクールビズアイテムを新調しました。

クールビズがスタートしてから、
気がつけば5年以上の年月が過ぎ、
初期に買い揃えたモノが、
さすがに傷んでしまい。。。

今やすっかり定着したビジネススタイルとなりましたね。

シャツやパンツもいろんなデザインが増え、
何を買おうか迷う方も多いと思います。

今回は、クールビズをどういう風にセルフスタイリングしたのか、
レポートしてみたいと思います!


まずはテーマ…
「大人爽やかな上質スタイル」です。

IMGP0147.JPG

こんな感じのスタイリングです。

シャツは…
カッタウェイの襟、
麻素材で濃紺の長袖。

洗練さ上品さを醸し出す濃紺は、
重厚な雰囲気になりがちですが、
麻素材であるため、
夏場でも軽やかに着こなせて、
通気性も良好です。

また、カッタウェイの襟で、
さらに、第1ボタンと第2ボタンの間にホックが付いていて、
首元のVゾーンに程よい空間ができ、
大人の男の色気も演出されます(笑)

シングルカフになっているのも、
自在な変容が可能でGOODです。

そして、
小技を入れてみました…


~パーソナルテクニック=自分のテーマにテイストチェンジ~

ボタンを総とっかえです!
元々黒のボタンが付いており、
上質で重厚な雰囲気だったものを、
白の貝ボタン、糸をロイヤルブルーとすることで、
爽やかな上質へシフト!
貝ボタンも、マットな質感の麻素材に合わせて、
光沢感のないものにして調和を図りました。


~パーソナルスタイリング=体型を活かしたポイント~

カッタウェイの襟+濃紺

私は、首が細く撫で方であるため、
平面で水平方向にラインが現れるカッタウェイの襟により、
首と肩に安定感が出てきます。

さらに、濃紺という重い色のため、
全体的に締まって見え、
空間(背景)とのセパレーションがしっかりすることで、
撫で方のラインにもメリハリ感が生まれます。


次はパンツ。

思い切って、
昨シーズンからの流行、
オフホワイトを取り入れてみました。

大人な雰囲気を保つため、
今どきの細身過ぎず
足の形状に沿った「S字ライン」に。

ボタンを変えたのは、
パンツの色とのつながりも考慮しました。

また、後ろのポケットに、
さりげなく水色ラインのハンカチを挿してみたり。


シャツとパンツの色がコントラストが強く、
それに合わせてベルトも黒か茶で落ち着かせるのも良いのですが、
ここはベルト=つなぐ役割=シャツとパンツの融和を果たすため、
キャラメル色の型押しをセレクトし、
テーマ性もしっかりキープ。


じめじめの梅雨も、
暑い熱い夏も、
爽快に過ごしたいと、
今シーズンのコーディネートを考えてみましたっ

ちなみにトータル予算は、25,000円以下…


あくなきディティールの創造は、やはり楽しいです!


It's so cool !!

そう思える夏を迎えてみませんか?!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。