So-net無料ブログ作成

頑張るコトって? [◎日々感じるコト◎]

頑張るコト。


大きなコトから、
些細なコトまで、

自分のコトから、
誰かのために、

望みを叶えるために、
一生懸命になって、
泥臭くも美しく、
輝いて見えるもの。

日々、
人と会話を交わす中に、
挨拶のように使ったり、
心をこめて伝えたり、
時には、
自分の心へ激を飛ばしたり。

いつからだろ?
こんなに「頑張るコト」を意識し始めたのは…

幼い時は、
無我夢中だったはずなのに。

いつしか、
苦しく辛いものに、
変わってきてるのは、
自分の思い過ごしだろうか?


周りの人たち、
社会全体が、
そうであるし、
励まし、切磋琢磨して、
時には、
ライバル視して、
だから自分もそうする。

そうしてこそ、
認めてもらえて、

そうしてこそ、
人として素敵で、

そうしなければ、
望みが手に入らない。

そう…

そうしなければという、
「枠」の中で過ごしていたんだ。


自分の中で燻る、
「抵抗感」を、
出てきては追いやり、
その「枠」に収まるよう、
躍起になって。

何で?
怖いから…?


数ヶ月ほど前に、
先生からのエネルギーチェックを受けた。

「本来の自分がわからず、いいなって思う人を模倣している。」

「えっ⁈どういうコト?さっぱり意味がわからない…」


以前から、
angelswordさんのセッションでも、
「頑張るコトはもう止めよう」と。


頭で理解して、
物理的に止めてみても、
今度は、
罪悪感や焦燥感が沸々わいてくる。

気がつけば、
自分にも、
他人にも、
頑張るコトに拒否反応。


さて…


この間、
久しぶりに先生からのチェックを聴き直し、
カラーリーディングしてみると、

「黄色」が…

そのメッセージの中には、
「探究する」という言葉。


自分の中で、
全てが解けて、
模倣という言葉が、
融けていった。


そっかぁ、
そういうコトだったんだ。


周りが、
社会が、
そうであるし、
「~を頑張らなければ、~できない」って、
そうするコトで、
自分の価値、
自己実現を得られると思っていた。

周りの輝きや、
社会通念という大きな枠に、
自分を当てはめるコト。
それが、
「模倣」だったということを―。


自分は頑張るコトが、
好きではなくて、
「探究するコト」が、
好きなんだ。


そんな頑張らない自分で、

ワクワクすることに、

のんびりマイペースで、

時には無我夢中に、

探究する自分でいい―。


それでいいんだなって。


そんな本来の自分の一つと、
出会えた瞬間でした。



頑張る自分、
どんな風に感じていますか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。