So-net無料ブログ作成

愛着の一品を [◎styling◎]

昨日は、ショップリサーチとデニム探しへ、
代官山と新宿へ行ってきました。

東横線と副都心線が直通になって、
こういう買い物ラインもありなんだと、
新たな発見でもありました。


新宿は、幅広い年代と客層をカバーして、
何でも揃う巨大マーケット。
私個人としては、
革新と保守が混ざり合って進化する街という印象を受けます。

代官山は、
街並みが落ち着いていて、
路地に並ぶお店をつい覗きたくなるような、
そんなお宝探しのような、
大人のオシャレ好きが、
ちょっとエッジを効かせたアイテムを探しに行く街かなって感じます。


「あれ、この間までここに店があったはずなのに、こんなお店が…!」
って、やはり定期的にチェックしないと、
お店や街の移り変わりが早いということを実感しました。


街ごとの特徴やエネルギーを観ていくのは楽しいです^^


併せて、
自分用のデニム探しに。。。

デニムも計り知れないほどの数があって、
これっていう一本に出会うのは大変ですよね。

その中で今回選んだのは、
リーバイスの「MADE & CRAFTED」シリーズ、
スリムストレートのノンウォッシュタイプ。

デニム.JPG

定番ラインより、
シンプルな作りで、
クオリティーを高めて、
上質な着こなしを演出してくれます。

自分の場合、
腰骨が少し前に突き出ていて、
股上の深さによっては、
お腹が出ているように見えてしまうのです。
それに連動して、
デニムのウォッシュがかかっている位置と、
自分の腿と膝の位置が一致しなかったりと、
微妙にマッチしないことが多くて、難しかったりします。

今回選んだデニムは、
自分の取り入れたいテイスト、
股上の深さ、
適度にテーパードがきいた脚のラインは、
まさに自分が探し求めていたタイプ!

丈つめも、
一度洗濯して縮ませてから、
合わせてもらって、
ワンクッションでもロールアップでも楽しめるように、
ジャストサイズに。

リーバイスは学生の時以来?
どこか原点回帰したような気持ちで、
今の自分に必要な一本だったんだと感じました。

デニムもやはり自分としての一本、
パーソナルスタイリングが大切だと思いますし、
履きこなして長く愛着を持つモノだと思います。

仮に、履きつぶしてしまったと思っても、
「リメイク」で生き返ることだって。

ダメージ加工.JPG

10年前くらいに買って、
ダメージ加工が入ったものだったのですが、
穴は広がり、生地は薄くなってきて、
脚のラインは持ってる服に合わないし、
もうダメかと思ったのですが。。。

ステッチを入れて補修してもらい、
リメイクするとまた違う雰囲気に!

今は、膝下くらいまで幅広めにロールアップして、
夏の短パン代わりにラフに活用していますっ


それと…
デニムと合わせて、
靴ひももチョイスして、
靴もリメイクしてみました。

シューズ.JPG

汚れ具合に合わせて、
靴ひもをナチュラルな生成り色にして、
デニムのキレカジ路線に合わせて、
スニーカーでもパラレルの結びを。

このシューズもかれこれ10年ほど…
ソールとつま先を保護して、
何度も磨いて、
すり減るヒールを交換して、
靴ひもも変えて。。。
楽しんでいます^^ゞ

新しいデニムにも
リメイクしたデニムにも、
まだまだ活躍してほしい一品ですっ


今は、
使い捨ての時代かもしれません。
安いお金でいいモノもたくさん買えます。

けど、
それぞれの人が持っている、
「愛着の一品」を、
古き良きものを活かしていけたら素敵かなって。
その人が創り上げてきた味わいなのだから…


「温故知新」


とりとめなく綴ってしまいましたが、
そんな風に、
ワードローブのエネルギーコンタクトを、
その人へ笑顔を届けられたらいいなって、
改めて思いました。


創 ~Hajime~

スピリチュアル、ヒーリング、ファッションの融合 “オーラ・レプリゼンテーション・スタイリスト” 本来の自分を創り、ありのままの自分を創めていく―。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。