So-net無料ブログ作成
検索選択

かけつぎ [◎styling◎]

お気に入りのTシャツの前面に2mmほどの引っかき穴をあけてしまい、
さほど大きなものではなかったので、
このまま見過ごして着てしまおうか、
代わりに新しいものを見つけてみようか。。。

えんじ色のTシャツ。

落ち着きと品のよさの中に、
情熱を感じる雰囲気で、
色や形が好きで、他のものとの相性もよく、
春から秋にかけてよく着ていたのです。

些細なことですが、迷っていました。
今回は、すんなり手放したいと思えなかったのです。

そんな中、ふとしたタイミングで飛び込んできたのが、
「かけつぎ」という服の補修方法。

このままあきらめるのなら、
とにかく相談してみよう!と、
見積もりを依頼すると、
丁寧にメリット・デメリットを教えていただき、
直すことを決めました。

約1ヶ月後、
補修されたTシャツが帰ってきました。

すると…

なんと、目立つことなく、
きれいに穴が補修されています!
(補修前を撮っておけばよかったのですが。。。)

かけつぎ1.JPG

前面はほとんど目立ちません。

かけつぎ2.JPG

裏側には補修のわずかな痕跡が…

かけつぎ3.JPG

これなら、まだまだ着れるし、活躍できる!

ホントに大喜びです^^

お店の説明によると…
「かけつぎとは、簡単にいうと穴を塞ぐ修理のことをいい、ただ塞ぐのではなく、その生地と同じように修復することを、かけつぎといいいます。かけつぎは高度な技術で、ここで理解しておきたいのは、かけつぎは決して新品になるわけでないのです。所詮、修理は修理で、綺麗に直る生地もあれば、直らない生地もあります。その服が直すだけの価値(値段・思い入れ)があれば、ぜひ、かけつぎしてもう一度着てみませんか…?」と―。

日本の職人技術って、
繊細で人やモノに思いやりを感じます。

同時に、
こうした職人技術がずっと続いていくことを願うばかりです。

今は、かけつぎだけでなく、
例えば、クリーニングでのシミ抜きをしてくれる職人さんも少なくなってきたように思います。

こうした、職人さんと出会えたことが、
何よりの感謝で、
また、多くの人にとってのこれからの財産ですし、
モノを大事にするココロを、
守っていけたらなって感じます。

人とモノのエネルギーの調和を目指して―。
これからもスキルを磨いていきたいです。


創〜Hajime〜

スピリチュアルとパーソナルスタイリストの融合 “オーラ・レプリゼンテーション・スタイリスト” 本来の自分を創り、ありのままの自分を創めていく―。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: